初めて家庭菜園をやってみようと思っている方へ

農園・家庭菜園の未経験者 初心者は必ず読んでください。

初めての方は野菜がうまくできるだろうかをたいへん心配されて見学に来ますが、良し悪しは別にして野菜は種や苗を植えれば簡単にできます。

しかし、園主は続けられるかを心配しています。園主は見学時によくよく説明しますが下記を読んでみてください。

---

@     農園利用方式とは、農作業をするために農地に入場することができることをさします。例えれば、テーマパークに入場する意味合いと考えてください。農園利用代とは、入場券代金と同意語です。農地を借りることではありませんので一般的不動産の賃貸とは異なります。畑で野菜作りをすることが目的であり、それ以外は排除するイメージで農業人として行動してください。具体的には、雑草を繁茂させない。残野菜は捨てる。有機物でないごみは持ち帰る。通路は通りやすく確保する。区画の状況を定期的に確認し、良好な状態に保つことを約束してください。

A     現在、家庭菜園はマスメディアにとりあげられて、作られたイメージがありますが、実際に取り組みますと想像以上にたいへんだと考えます。安易な考えではじめては失敗します。初心者でやめる方の多くは、自分で作ったおいしい採りたて野菜を食べたいとか植物を育てたいとかベランダ菜園では物足りなくなったなどの理由で始めてみようかと思い立ったのでしょう。それはいいことだと思います。しかし、はじめてみると肥料に金がかかる・虫が多い・病気退治対策がわからない・マニュアル本だけではよくわからない・雑草退治がたいへん・暑い寒い・汚れる。やがて、面倒になり農園にいく足が遠のく。一年間借りたけどこの一年でやめようと思うと最後の数ヶ月か数週間は農園に行かなくなる。という方もいます。満了解約後には雑草の繁茂した区画だけが残ります。野菜作りに失敗するのではなく、農園を始めたこと自体が失敗になるのです。覚悟をもって望んでください。

B     農園を始める前に園主に散々注意されて始めた。しかし、人には病気になることもあるし、環境が変化することがありますので、うまくいんなくなったら、園主に相談してください。園主は、農園全体を管理運営する立場と利用者個人個人の立場を尊重し善後策を講じます。双方がよりいいように無料有料にて援助します。ですから相談せずに放置だけはしないでください。

C     それで、結果やめることになったら、区画は元の状態にもどしてください。それだけが園主のねがいです。

 

雑草ジャングルとなった区画