土作りと野菜作りのQA

農園利用者からよくうける質問に答えました。

---

質問

回答

石灰はどのくらい撒けばいいの

100150/uが目安ですが、野菜によって適正な酸度が違うので注意ください。また、Ph6前後の微酸性の土壌がよいとされています。

石灰は一度撒けば、それでいいの

新しい野菜の種や苗を植えるたびに、石灰を蒔いて下さい。酸度を測る試験紙などもホームセンターで購入できます。

堆肥はどのくらい入れればいいの

これでいいというのは一概にいえませんが、畑の一年間の堆肥消費量は、10kg/uだそうです。プロの農家では、その倍量をはじめに鋤き込むそうです。当農園の1区画3坪では100kg必要となります、はじめるときにホームセンターなどで販売している畜糞肥料を56袋漉き込んで、その他畝を作るときに元肥をいれるのがいいと思います。

堆肥と元肥の違いは

堆肥と元肥の違いは、種類や成分比の違いではなく、畑に鋤きこむ方法の違いです。堆肥の施肥方法は土全体に混ぜ込むこと、元肥は畝の中に土と混ぜないで埋め戻す施肥方法です。

草取りは、どんな頻度ですればいいの

決まっていませんというか、小さいうちにすぐ取るのがベストです。雑草が目立つほど大きくなっていると根も張り、完全除去が難しくなります。種類によっては、一ミリの根から再生する雑草もあるそうです。

耕す深さはどのくらい

植える野菜によって違います。大根などは深く、葉物は浅くてもいいです。しかし、たまには、天地返しといって土壌の深いところと浅いところを入れ替えるように耕すのがいいです。土壌に浸透している養分や微量成分を地表にもどす効果と空気が入ることによって土壌の微生物の活性化になります。

 

農園利用者の方には、より詳しい説明書をお渡ししています。

 

土壌改良や虫害で困ったら

ごや商店

 ニーム核油かす【20kg】【有機JAS適合資材】【送料無料】 国産カニガラ粉末【1kg】「植物保護・肥効・土壌改良・アクアリウム飼料に」一般農業園芸用【キトサン溶液】【1リットル】環境にやさしい競走馬のたい肥「美駒グリーン」【20L(約8kg)】